2005.12.02

舞茸ごはん

051202102944.jpg

昨日の夜は仕事で帰りも遅くなり、なにか食べて帰ろうかと思ったのだけど、武蔵境で閉店間際のイトーヨーカ堂に入ってみて、ふと舞茸ごはんが食べたくなり、1パック100円の雪国まいたけを買って帰ってみた。
ネットでレシピを調べてみたら当然、酒やみりんなどが必要なのだけど、あいにくうちにはなかった。駄目もとでにんべんのつゆの素を使ってみることにした。鍋に目分量でつゆの素を入れ、同量強の水を入れて、火にかけてから小分けに割いた舞茸を入れ、煮立ったところで火を消してふたをして少々蒸らし、その煮汁と水でふつうの水加減で舞茸を入れたごはんをふつうに炊飯器で炊いてできあがり。
炊いている間にふたたびネットのレシピを見るとちょっとばかりつゆの素が多すぎてかなり濃い味付けだったかと不安になったけど、出来上がってみるとかなり美味しくできて満足満足。先ほど朝食でも軽く残ったのを食べたので、一食あたり100円未満。素晴らしい。

実はこれまでそんなにきのこの類がとりたてて好きではなかったのだけど、今年のGWに付き合う前のyokoと志賀草津方面へツーリングに行った際に、日帰り入浴に立ち寄った万座温泉ホテルでごちそうになったきのこ汁がなんとも滋味深い美味しさで、その時生まれて初めてなんてきのこは美味いんだろうと感激した。大分味覚が変わってきたのだろうか。その後草津に立ち寄った時にすでに夕方だったので、食事をして帰ろうと入った食堂の舞茸ごはんがもうえもいわれぬ美味さで大感激してしまった。

それほど美味しいものがお手軽に格安でできるとは思っていなかったけど、まあつゆの素で適当につくったわりには上出来の舞茸ごはんだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.03

走り初めで沼津港の丸天と三島大社で初詣

昨日2日は初ツーリングへ出かけました。
一緒に行く予定だった女の子のバイクがバッテリー上がりで動かせないためにタンデムツーリングとなった。干支でも一回り以上若い娘を後ろに乗せてなんて、なんて今年ははなから憑いているのだろう(笑)
がしかし。朝8時の時点ではまだ氷点下の気温で大通りでないところはあちこち路面が凍結している。よくも中止にならなかったものだ。

目的はうまいもの食べたい、と初詣。ということで、沼津と三島へいくことに。でも高速に乗れないのはホント大変。R246をひた走り、途中マクドナルドや道の駅で休憩。御殿場のあたりでは日陰は氷が残っていたりして緊張する。天気が良かったので富士山が見事。12時少し前に沼津港の丸天に到着。ほとんどの店がシャッターを降ろしている中、唯一行列が出来ている。20分弱ほど並んで、カウンターに通される。
マグロのテールシチュー、中トロ定食とかき揚げ丼を注文。テールシチューは初めて頼んだけれど、ものすごいボリュームで魚というよりまさに肉といった食感で美味しい。すべてボリューム満点なので、結局二人がかりでもテールシチューを半分近く残してしまった。これなら途中マクドナルドで朝マックなど食べないでくれば良かったと反省。
そのまま三島大社へ移動。付近は大渋滞。参道も参拝客であふれており早足でまわったけれども30分くらいは要した。
帰路は違うルートにしようということで、熱海へ抜けて茅ヶ崎から厚木経由でR246に出ることにした。熱海までは順調だったものの、そこから先は小田原まで大渋滞。抜け道もかなり混んでいた。茅ヶ崎あたりで日が暮れて、そこからはまた猛烈に冷え込む。ひたすら道路が混んでいたので都内に入ったあたりで握力が限界に。最近バイクに乗っていなかったので、クラッチが重い(T_T)
彼女を降ろしてから三鷹方面への帰路、人見街道はあちこち道路が凍結していて恐ろしかった(^_^;)
そんなクソ寒い中、渋滞が予想以上で帰りが予定より大幅に遅くなってしまったが事故もなく戻ってこれたのでよしとするか。
でも、携帯からメモリースティックで画像をパソコンに移す際にデータが壊れてしまいました(T_T)
うーん、やっぱり厄年か。

今日3日は一日ゴロゴロと寝正月になってしまった。昨日の疲れがでたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.16

伊豆までお見舞い

DSC01334.jpg

徹夜明けでそのまま終電まで仕事した翌日の昨日(土曜日)は結局昼過ぎまで寝てしまう。大阪から宙太郎さんが上京していてオフなのだが、この日をはずすと伊豆で入院中のキャンディ氏のお見舞いへ行く機会がまったくなくなるので、2時過ぎに西へ向かうことに。
時間が時間なので、環八内回りもR246の下り線もどちらもお盆にしては空いていて走りやすい。

御殿場から箱根を目指し、R1の道の駅でやっと休憩。裏手から芦ノ湖が見えます(写真)。ここまでひたすら下道を走ること2時間と少々。

DSC01336.jpg

さらにR1を沼津まで走り、沼津港近くの丸天へ。5時という半端な時間にもかかわらず行列が。

DSC01337.jpg

ここでは中トロ刺身定食の朝食兼昼食って、すでに夜だけど。この中トロの刺身だけでお腹いっぱいになるほどのボリュームです。

と一応ツーリング気分も味わいつつ6時過ぎに大仁町役場そばの病院に到着。面会時間の終わる8時近くまでキャンディ氏のお見舞い。
手術からすでに半月も経過しているためか、思っていたよりは元気な様子。それでも足の手術跡はかなり痛々しい。まだ膝はほとんど曲げられない状態ながらも松葉杖で歩くことは出来る。丁度オリンピックも始まったところで、テレビプログラムにはことかかないがさすがに退屈し始めているようでもある。リハビリしつつ9月からは職場復帰する予定という。帰りには逆に駐車場まで見送られてしまったが、ビューエルをみるなりハンドルを持ってブレーキレバーとクラッチレバーを操作してみたり。いずれ大破したS1を修理して再び乗りたいということだ。まあ、まずは早く歩けるようになりますようお大事に。

帰りは渋滞にはまるのだけはとにかく避けたかったので、大幅に時間を遅らせるつもりでそのまま伊豆を縦断して東の海岸線へ。すでに真っ暗なワインディングは無理せずゆっくり通過。宇佐見の海水浴場(といっても護岸からわずかな砂浜があるだけなのだけど)に出たのでゆっくり流して走ってそのはずれにバイクを停めて、小さな船が停めてある護岸に横になって星空を見る。雲が出てきているし回りもそこそこ明るかったのでいまいちながらも綺麗な星空。東京の宙太郎さんに電話をかけるものの、町はずれで電波の具合がよくないのか、途中で切れてしまった。
疲れも出てきたし、時間調節のために少し眠ることにして波の音を聞きながら3時間ほど仮眠する。職場の床よりは心地よい。
0時に起きて、宇佐見を出発。熱海の夜景が綺麗。車は途絶えることがないものの、それほど多くはなく快適。小田原でR1に出てからはひたすらR1を走り環八を曲がるつもりがそのまま環七まで。環七から井の頭通りを吉祥寺まで。吉祥寺の駅近くからパラパラと雨に降られるが濡れる前には帰宅。

で、今日(日曜)も仕事。またも終電まで。昨日も道中、やたら仕事の電話がかかってきてまいったし。
夜、宙太郎さんの帰りの夜行バスを見送れたらと思ってはみたものの、連絡がとれた時にはすでに宙太郎さんは車中の人(^_^;
宙太郎さん、またいつか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.22

ツーリングGO!GO!

040322235341.jpg

ツーリング情報誌のツーリングGO!GO!は手頃な価格とサイズなので、創刊以来ずーっと購入してきました。
そのツーリングGO!GO!で昨年の夏に北海道のホンダ店を巡るスタンプラリーを企画して、10店舗のスタンプを集めるとホンダAPE(50cc)が当たるというものがありました。
昨年の北海道ツーリングではそのほとんど全てを道東で過ごしたものだからスタンプを置いているホンダのショップも数えるほどしかなく、道東から苫小牧のフェリーターミナルへ直行する帰りの一日に道中の寄れるだけのショップに寄ってぎりぎりスタンプが10コ集まる計算でした。
が、帯広のショップのひとつがその日はお休みだったことが帯広へ行ってはじめてわかってスタンプ10コ制覇の夢はついえたかに思いました。その先、夕張から苫小牧まで高速を使ってフェリーターミナルへ向かうだけの時間しか残ってませんでしたし。
が、高速をひた走りながら、苫小牧方面と札幌方面への分岐で思わず札幌方面へと進路をとった愚か者です、ぼくは(^^ゞ
そちら方面へ行って一番近くのショップのある札幌南のインターチェンジで降りた時間をみると、ショップへ行ってそのインターまで戻るまでもう15分くらいしか猶予はありませんでした。で、かなりおおざっぱなスタンプ帖の地図通りのはずの場所へいって、ショップがなければ諦めるつもりで当てずっぽうで向かった先にて、スタンプを無事ゲットすることが出来、札幌南からあっという間に運転に必要なあるものが無くなってしまうかもしれない速度で苫小牧へ向かいました。
フェリーの乗船手続きにはぎりぎり間に合ったので結果オーライでしたが、乗り遅れたらいったいどうするつもりだったんでしょ、わたしゃ…

そこまでしてもホンダAPEが当たるのはたったの1名。もちろんハズレ。ところが、そんなことも忘れかけていた、昨日の茂木からの帰り、そのスタンプラリーの抽選でTシャツが当たったということで、そのTシャツが届いていました。
で、今日買ってきた最新号とパチリ、というわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.08

小菅の湯・雪見露天風呂ツーリング

P1020178.jpg

今日(7日)は今年初のG-Glideのツーリング。ぼくにとっても数ヶ月ぶりのツーリングだ。しかし、天気予報ではやけに寒くなる予報。昨年買っておいたユニクロのHEAT TECH PLUSの暖かインナーの上下で首、手首から足首までをカバー。そのまま皮ツナギを着る。昨年かなりパッツンパッツンだったのだけど、10日のDE耐公開練習では脊髄パッドを装着しなければならないので着用してみた。なんとか皮ツナギは着ることが出来たけれどもかなりデブデブ状態(^^ゞ

なんか準備に思いの外手間取り集合時間には少し遅れそうな時刻に出発。中央道石川P.A.には集合時間に少々送れた8時半過ぎに到着。すでにかなり寒い。とりあえず冬用ではない皮グローブなので、指がかじかむ。しばらくして8名がそろう。あみ助さんはバイクの調子が悪いとかで参加出来ず(これは今思えば参加しなくて良かったのかも)。カワサキ1台、ドゥカティ1台、ビューエル6台の布陣。

9時過ぎに出発、P.A.からすぐの八王子インターで高速を降りる。北上して五日市街道を西へ。檜原村に入って通行止めの奥多摩周遊道へ続く道をやり過ごして一旦小休止。

P1020175.jpg

この時点でイヤな予感が…。年末に満タンにして以来これまでわずか40キロほどしかはしってない状態で出てきたのだけど丸2ヶ月以上ほとんど乗っていなかったので、急にガソリンの残量が不安になってきたのだ。小休止から出発する時に先導する赤い鷹氏にとりあえずそのことを告げてはみたものの、時すでに遅すぎたようで、その先の小さな村落にはいくつかガソリンスタンドはあったもののどこもお休み。山梨県に入って県道上野原丹波山線を北上、小菅村を目指す。当初のルートはあちこち峠を走り渡る予定だったのだが小休止した際に、あまりの寒さに目的を変更、温泉で暖まって、帰ろうということに。

しかし、その県道を北上していくほどに寒さはより酷くなり、道ばたには残雪も。抑えめのペースで流していると、次第に車道上にも残雪が!シャーベット状に残った雪の上をとにかく転ばないようにだけ気をつけて進む、進む…
ところどころそんな状態の中なんとかガス欠にもならずに小菅の湯に到着

P1020188.jpg

駐車場前の山の斜面は一面雪。

P1020187.jpg

3時間コースで600円を支払って入場。内湯で掛け湯をしてそのまま表の露天風呂へ。そのとき雪が降り始めてきた。まさかバイクで雪見の露天風呂へやってくることになろうとはまったく思いもよらなかったことだ。何事もなせばなるのだ(全然違う)。内湯も露天風呂もそれぞれ複数の湯船があって、結構混雑しているわりにはゆったりお湯につかることが出来た。小一時間露天風呂につかった後丁度お昼時なので、そのまま施設内の食事処へ。

山間の温泉場なので地元産のイワナなどを使った料理が並ぶ。ぼくはニジマスのユッケ丼を注文。ニジマスの刺身がにんにく、ごま油などで味付けしてあり韓国風なお味。なるほどユッケ丼だ。

昼食後は休憩室などでごろごろまったりと3時間ぎりぎりまでのんびり過ごす。2時に小菅の湯を後にする。
実は小菅の湯に着いた時点でぼくのバイクはガス欠寸前状態。ほどなく割と大きなGSがあったのだけれどもこちらもお休み(T^T) 村はずれのあたりでついにガス欠。牽引するか2ケツでGSまで行ってガソリンを買ってくるかということになって赤い鷹氏運転でガソリンを買ってくることに。

P1020190.jpg

ガソリンを買って戻ってくるのを待つみんな。この時小菅の湯をでる頃から一時的に晴れてきていた空も一面の雲に覆われとたんに寒くなってくる。結局寒さの中小一時間もみんなを待たせてしまった。まったく済まないことをした。はっすい氏が缶コーヒーを買いに行っている間に赤い鷹号が戻ってきた。後席のGPZ氏の手には「醤油ちゅるちゅる」が…

P1020191.jpg

この赤丸の中の醤油ちゅるちゅるで赤い鷹号からぼくのビューエルにガソリンをちゅるちゅると(^^ゞ 赤い鷹氏とGPZ氏に感謝。ほどなく缶コーヒーを買い込んだはっすい氏が戻ってきて、しばしコーヒータイム。

P1020192.jpg

そこから青梅街道を東へ。奥多摩湖を通り過ぎ、GSで給油した後はひたすら帰路を進む。

P1020194.jpg

東村山市のハーレーダビッドソン東村山店へ立ち寄り。ここもモト・ギャルソンの店舗だ。山を下りてきた割には気温はいっこうに上がらず、みんな冷え切ってしまっていた。ホットコーヒーをいただきつつ、ふたたびまったりと過ごす。バズーカ氏と10日の公開練習の打ち合わせなど。

そのまま一応解散ということになり道中何人かと別れた後、モト・ギャルソン杉並店へ。バズーカ氏のDE耐用マシンCB50は順調にDE耐のレギュレーションにあわせた変更が加えられている。
最終的に8時頃店先で解散。帰路吉祥寺までS1Wのうっちー氏と併走。

ひさびさのツーリングということと、寒さでかなり疲れたけれども、雪道を走ったことも小菅の湯も振り返ればなかなか楽しいツーリングだった。

かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)