2005.05.03

さようなら、アルちゃん

日曜日の夜はタオルにくるんだアルちゃんを枕元に寝ました。
昨日は普通に仕事だったので、アルちゃんには申し訳ないけど、タオルにくるんで箱にいれ、冷蔵庫において仕事にでました。
休憩などを利用してまずは地元の清掃局に電話をすると、小動物はゴミと一緒に出すしかないそうです。やっぱりそれはいくらなんでもあんまりなので、一瞬井の頭公園の隅の方にでも、という考えも浮かびましたが、とりあえずネットでいろいろ調べたりしました。

日本動物霊園というペット霊園がわりと近所の西荻窪駅近くに見つかったので、そこで合同火葬をお願いすることにしました。

今日、アルちゃんを連れて西荻窪まで行きました。徒歩5分くらいですぐに霊園の場所はわかりました。
受付で住職に簡単な説明をうけて用紙に記入しました。記入している間、箱をあけてアルちゃんの寝顔を見てました。受付が終わり精算をすませるともうアルちゃんとお別れです。
合同火葬でお願いしたので、後日ほかの方たちのペットとともに火葬された後、案内がくるそうで、それ以降はいつでもお参りにいけるんだそうです。

こういう施設のありがたみをつくづく感じました。アルちゃんとはまだ挿し餌が必要なヒナのときから飼い始めてもう12年が過ぎました。平均的なオカメの寿命からみるとちょっと早い一生でした。でも、これまでずーっと元気で、そういった健康面ではまったく面倒をかけたことのない子でした。死の間際までそうなんですからなんて飼い主思いの子だったんでしょう。
夜寝るとき灯りを消してから「アルちゃん」と呼びかけると小さく「ピ」と返事をしてくれ「おやすみ」「ピー」と返してくれたりとてもなついてくれてました。井の頭ではほとんど放し飼い状態だったのですが、ぼくが「アルちゃん」と呼ぶとたいていまっすぐ肩まで飛んできてくれたりしました。ぼくが食事をしているとなんでも欲しがりましたが、さすがに健康によくない人間の食べ物は我慢してもらって、そのぶんバナナとかミカン、イチゴなどのフルーツはよく一緒に食べました。まだアルちゃんに買ってきたバナナがたくさん残っています。

コメントを下さったみなさん、どうもありがとう。そしてアルちゃん、今日までありがとう。自由に大空を飛んでいってください。どこまでも、どこまでも、どこまでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.01

ゆっくりおやすみ

ゆっくりおやすみ

今朝方の事ですが、オカメインコのアルちゃんが☆になりました。
あまりにも突然でびっくりでした。

今朝起きるといつものように出してとせがむのでカゴから出してやり、肩に乗せてました。
友人から電話があって、その電話を受けている間、灯りの傘の上にいて、電話を切ると再び肩の上に飛んできました。ここまではなんら普段と違うようなことはありませんでした。でも、肩の上にいてほどなく、何の前ぶりもなく突然コロリと落っこちたのです。どうしたんだと思うまもなく、フーフーと大きく息をして、それからピー、ピーと2回小さく鳴いてそのままぐったりしてしまいました。手で抱きかかえてやって、ほどなく動かなくなりました。今日はどうしても出勤しなくてはならず、ぎりぎりまで1時間ほど手で抱えていましたが、その間、少しずつ冷たくなっていくのがわかって辛かった。時間になってタオルでくるんであげてカゴのうえに乗せました。
仕事が終わってもなんとなく帰りづらく、映画を一本見てから帰りました。
だいぶ落ち着いたつもりでいましたが、家に近づくにつれてだんだん悲しくなり、帰ってきて、すっかり冷たくなったアルちゃんに頬ずりしてやり、そのままおいおい声を上げて泣いてしまいました。なかなか泣きやむことができませんでした。でも、朝もそうでしたが、今もまるで眠っているようにしか見えない安らかな表情です。ほとんど苦しむことがなかったのが幸いというか、でも鳥は死ぬ直前までは元気に振る舞うというので(実際そうでしたし)ホントのところは神様だけが知っているのでしょうが。最後を看取ってあげられただけでもよかった。

いつも飼い主が夜更かしなので、なかなかゆっくり寝られなかったろうけど、今度はゆっくりと眠っておくれ。

いやー、今年は辛いことが続きます。まいりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.03.05

ペットヒーター

050305233013.jpg

このところ雪が降ったりと寒い日が続くので、ハロゲンヒーターでは夜中明るいし、それほど暖まらないので、ペットヒーターを買って来ました。結構大きめのこれと小さいミニサイズとありましたが、パッケージのオカメインコにやられて大きい方を買ってしまいました。これにも24時間タイマーがそのまま役立ちます。買ってて良かった。
これで寒くても安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

深夜のアルちゃん

050226002453.jpg

昨日の話題の夜中のアルちゃんです。

今日は帰りに同僚と久しぶりにセンター街へ足をのばしました。そのままなんとなく一皿105円の回転寿司を食べてきました。味はそれなりですが、一時期の大行列はなく、それほど待たされなかったのはよかった。ウニだけはあまりの不味さに参りましたが、アワビはなかなか美味しかった。まあ、それなりだけど。

その後、QフロントのTSUTAYAでDVD売り場を見ている内に帰る時間に。終バスが早いから仕方ない。深夜バスもあるけど、わざわざ遅く帰ってもしかたないし。ブルベイカーのDVDが売っていたので、近いうちに買おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.24

アルちゃんとハロゲンヒーター

春一番の吹いた昨日とうって変わって、今日の帰りは夕方から降り出した雨がとうとう雪になってしまいましたよ。寒いわけです。

まあしかし、アルちゃんの寒さ対策に導入した24時間タイマーとハロゲンヒーターの組み合わせですが、一つだけ大きな欠点があって、夕方から朝まで一定の間隔でヒーターのスイッチが自動で入るのは良いのですが、深夜、いくら部屋を暗くしていてもヒーターのオレンジの明るいこと明るいこと。これじゃあアルちゃんも熟睡できないか。いちおう鳥かごを上から半分ほどタオルでおおって陰が出来るようにはしているんですが、このへんが妥協点ということで、アルちゃんにはしばらく我慢してもらうしかありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.16

アルちゃんと引越し

050216235114.jpg

月曜日の夜、弟を渋谷へ送ったその足で吉祥寺の自宅へいったん帰宅してアルちゃんを鳥かごごと車の助手席へ。川崎の実家でしばらく暮らすことになるので、さすがに吉祥寺にアルちゃんだけ残してはおられない。助手席の鳥かごをシートベルトで固定してみるとちょうど具合良くおさまった。

深夜に川崎の実家に到着。帰ってテレビをつけるとNHKのためしてガッテンの再放送でテーマは心筋梗塞。なんだかなぁ。

アルちゃんを連れてきたのはいいのだけど、ひとつ大きな問題がある。築40年近いこの部屋はやたら寒いのだ。どこかからすきま風が入ってくるようだ。しかも暖房がセラミックヒーターみたいなのしかない。石油ストーブがあるのだがなんと壊れてるし。母独りだったので、これでもよかったのだろうけど、広い部屋に越してきてかなり寒い思いをすることになってしまったアルちゃん。うーん、ちょっと困った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.16

アルちゃんのトイレ

DSC01893

しょっぱなからトイレの写真でごめんなさい。
アルちゃんは部屋の中で放し飼いにしているのであちこちにフンを落とします。そのたびに拭き取っているのですが、ぼくがトイレに立つときに部屋でひとりになるのがいやで鳴くので肩にのせて一緒にトイレへ入ります。すると時々一緒にトイレをすますことがあります。それもちゃんと便器の中に。ということで証拠写真でした(^_^;)
はじめは偶然だろうと思っていたのですが、トイレで度々便器の中に落とすので、どうやら分かってやっているみたいで、頭いいなぁ、と感心してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.31

ウサギを探しているんだそうです

040131005126.jpg

今日、帰ってくるとポストにこんな文書が。すわ、怪文書か!?と一瞬だけドキドキしちゃいましたが、逃げたペットについて書いてありました。

「1月26日(月)午後1時30分頃、井の頭公園内にて野ウサギを逃がしてしまいました。ボディハーネスとリード紐は付いたままになっています。捕獲した方は下記までご連絡ください。

《特徴》名前は烏龍(ウーロン)。体毛は茶色です。腹部のみ白色。純粋な野ウサギなので、後ろ足がかなり大きく、足も速いです。頭頂部に薄く白い斑点があります。ボディハーネスは緑色、リード紐はオレンジ色です。

《連絡先》…省略…

御協力、お願いします。」

ということです。さすがにネットに個人の携帯番号などは載せられないので、捕獲した方、もしくはなにか情報をお持ちの方はぼくまでメールで連絡ください。左上のメール送信をクリックすればメールが出せるはずです。出せない場合はこの書き込みにコメントをつけてお知らせください。いただいた情報はぼくが責任をもって飼い主に連絡いたします。

え、ここは東京ではないですって。え、いま海外からネットに接続しているですって。そこのあなた、ちょっと待って。いまや時代は21世紀。野ウサギだって海外旅行ぐらいするもんです。ましてや国内ならその速い足で東京から青森だって一晩で移動してしまいますぜ。

あー、書いてて恥ずかしい(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.22

オカメインコのアルちゃん(抱卵中)

DSC00118.jpg

さて、うちのアルちゃんはただいま抱卵中です。どうやら卵を2つ産んでいる模様。写真は昨年7月のもの。オカメインコの卵はだいたいウズラの卵くらいの大きさ。この写真の時は鳥かごの上にいるときにガン!という音がして、なんだろうとみてみたら卵を産み落としたところだったという…

うちのアルちゃんは卵を産む周期がそんなに定期的というわけではなくて、年に1〜3回くらい、一回に2〜4個ほどの卵を産む感じです。あ、2〜4個産む卵は一度に一個ずつ、2,3日置きに、という感じです。

卵を産むようになってはじめの2年くらいはあんまり産んだ卵に興味を示さなかったのだけど、それ以降は徐々に暖めようとしだして、5年くらいたつとしっかりおなかの下で暖めるようになりました。ただ、巣箱などの用意もなにもないので、卵を暖めるのは鳥かごのなかで産んだときだけ。昨年のようにかごの外で産み落とすこともままあります。一度びっくりしてしまったのは、アルちゃんが肩にとまったままソファーでテレビを見ていたときに背中になにかどすんとあたったのでなにかと思ったら卵だった、ということもありました(^^ゞ

あと、昨年の秋口に夕方アルちゃんを鳥かごごと公園につれだしてベンチで本など読んでいたら、やはり小鳥を飼ってらっしゃるというご婦人が、あらかわいいとアルちゃんを見ていたときにガツーンと音がしたと思ったら、止まり木に止まったまま卵を産み落とした、ということもあったなぁ。

ともかく、抱卵中のアルちゃんはそっとしておいてあげないといけないので寂しいものがあります。近づくと羽をふくらませてフー、フーッと威嚇してくるんですよ(T_T)

あと困るのがウンチなんですよ、奥さん!普段のウンチは全然たいしたことはないんですが、卵を産んでしばらくの間は、暖めている間じゅう我慢していることもあるのだろうけど、いざまとめて出してくるウンチの量の多いことといったらもう最悪です。卵の4,5倍くらいのたっぷりのウンチをドバーッと放出します。しかもこれがとってもくさいのなんの(T_T)

で、この卵なんですが、うちはアルちゃん一羽だけなので、当然無精卵なわけです。一生懸命に抱卵しているアルちゃんをみていると忍びないのですが、いずれアルちゃんから卵を取り除かないといけないんです。これがねー、ほんと切ないんですよねー。そのたびお婿さんを迎え入れてあげようか、とかお見合いさせてみようかとか、考えてしまうのですが、やっぱり今のぼくの現状ではアルちゃんでいっぱいいっぱいです。

来週中には卵を取り上げないといけません。あーあ。

| | コメント (0) | トラックバック (139)

2003.12.17

オカメインコのアルちゃん

178173.jpg

うちにはシロオカメインコのアルちゃんがいます。新宿の小田急百貨店の、今はすっかり変わってしまいましたが、もともと屋上にあったころのペットショップから雛の時に来たのが8年前、来年の2月で9年になります。元気そうな男の子をとお願いしていたのですが、3年目にひょっこり卵を産んだことから実は女の子だったことがわかりました。雛のうちでは雌雄の判別はとても難しいことなので(それこそDNAでも調べなくてはわからないそうで)、仕方ないんですが、元気なのはそれからずーっと、今でも元気です。病気らしい病気になったことがありません。ちょうど飼い始めたころにあちこちで病気になって☆になってしまった雛の話を聞いていたので、元気に育ってくれたことはほんとに奇跡的です。そもそも小鳥を飼うこと自体、ましてや雛に挿し餌なんてところから初めてだったので、ありがたいことです。

かなり時間に不規則な仕事が続いているのでアルちゃんには申し訳ないんですが、基本的にかごは開けっ放しにしてあって、自由に部屋の中じゅう飛び回れるようにしてあげてます。小鳥の飼い方なんて本を読むと、たいてい規則正しく、夜などはかごをタオルなどでおおって暗くしてあげて、などと書いてありますが、うちの場合はそのへんむちゃくちゃで、夜中寝ているところに帰ってきてから明かりつけてテレビつけてなもんで、アルちゃんもおちおち寝ていられず、そそくさとかごから出てきて、そのまま深夜遅くまで寝かしてもらえない、なんて、ちょっと可哀想な子です。今ももう夜中というよりは明け方に近いかもしれない深夜4時近く。かごの上で羽繕いしながら、ぼくが寝るのをまっています…


11260002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)