2005.11.18

エコー・ザ・どこでもドルフィン

051119035725.jpg

以前からPSPでエミュレーターが動作するらしいことは知っていたけれど、ようやくPSPでどこでもエコーが遊べるようになりました。その節では千秋さんにいろいろ情報をもらったのがありがたかった。
いやー、今さらながら難しいや、エコー。よくクリアしたものだ。
よくクリアしたといえばファミコンのスペランカー。ぼくはスーパーマリオもクリアできなかったアクションゲームのへたれなのだけど、でもなぜかスペランカーはクリアしたことがある。これまた今PSPで遊んでみると超絶に難しい。ちょっとの段差で即死亡。ありえない難しさだー。
むー、ここ2,3年まともにゲームしたことないし、もう全然進めません。昔はほんとに集中してやったものだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.02

神奈川県が残虐ゲームを有害図書指定

エキサイトニュースなどによると「神奈川県が2005年度から、殺人や暴力など残虐シーンを多く含む家庭用テレビゲームソフトを条例に基づき「有害図書類」に指定し、18歳未満の青少年への販売を禁じる方針を固めたことが2日、分かった。県によると、テレビゲームソフトを有害図書指定にするのは全国で初めてという」ということだそうだ。

最近、久しぶりにゲームで遊ぶようになったとたんにここ神奈川県ではこんなことになっていたとは。
例えばこの世の中にホラー映画が無くったって猟奇的な事件はいくらでもおこるだろうし、テレビゲームなんか無くなったって青少年による殺人や暴力は絶対に無くならない。
ぼくはどうしてもこういう臭いものには蓋をして、決して本質には迫ろうともせず、見て見ぬふりをしてやっかいごとは先送り、という姿勢には反対だ。
規制がされればされるほど、それそのものは妖しい輝きを増して興味の尽きぬ者に対してはより魅力的になるものだろう。そうして、規制があろうとなかろうとそういうものに興味のある者はそれを手にしてしまうものだろう。しかもより内向的に。なんかよりよくなることなど規制ではありえないと思うのだよなあ。

じゃあ、どうすりゃいいのさ、と無い知恵を振り絞っても具体的な解決策などほいほい出てくるものでもない。でも現実から逃げては何もはじまらないのは確かなわけで。なら少なくとも現実をまずは直視してきちんとひとりひとりがそのことに対して考えることからしか何もはじまらない。
それは面倒くさくて辛く苦しいことだろう、誰もができれば見て見ぬふりをしたいことなのだろう。それでも、だ。

そもそもゲームってとっても楽しいもののはずなんだけどなあ。というわけで、これからみんゴルしながらエアロバイクだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.03.05

とっても残念な鉄騎大戦キャンペーン

02280002.jpg

XBOXのゲームに鉄騎大戦というゲームがあるのだけれど、それの発売を記念した戦場へご招待キャンペーンというのがあって、なにげなく応募したA賞のアーケードタイプコックピットの抽選に残り、1名を選考するためのアンケートに答えることになった。が、しかし。その通知をよく読むとこの全長180センチあまりのコックピットはそれ自体で400キロもの重量物だということが判明。よ、400キロですよ、400キロ! とてもじゃないがそんな重たいものは賃貸のうちにはいれられない。一人じゃあとあと動かすこともできないし。

あ〜、なんでよりによってこのキャンペーンに当たりそうになってしまったんだろう。どうせならやっぱ宝くじがいいよ〜。ということで、丁重に辞退することにしました。こんなことならB賞に応募しておけばよかった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)