2005.01.12

立原あゆみ版ブラック・ジャック

今発売中のヤングチャンピオンで立原あゆみ(本気!)が描いた『ブラック・ジャック ALIVE 』が掲載されているそうです。帰りの車内広告でそのブラック・ジャックの顔を見てぶったまげました。そういえば少し前からいろんな漫画家がブラック・ジャックを描くらしい、というのは知っていましたが、広告で見た立原あゆみ版ブラック・ジャックはいくらなんでもっていうくらい立原あゆみでしか描けない顔でした。思わず笑っちゃって、そのまま困ってしまったというか。話までまんま任侠話なのでしょうか。コンビニで立ち読みでもと思いましたが、恐くてまっすぐ帰ってきたので内容は知りませんが、なんか凄いことです。

ヤングチャンピオン恐るべし。

ああ、そうだ!立原あゆみ版があるのなら、それこそまんまブラック・ジャック顔の主人公が登場するザ・シェフの加藤唯史版ブラック・ジャックも載せて欲しいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.25

ウルフズレイン

05190020.jpg

ウルフズレインの新作DVDをTSUTAYAでレンタルして観た。ウルフズレインは丁度昨年の1月から全26話で放送されたTVアニメだ。1話目をまったくの偶然でテレビで観たところ、導入部からしてこれはただものではないなと思ったが、それもそのはず、あの名作カウボーイ・ビバップのスタッフたちの手によるものだった。
絶滅してしまったと思われていた伝説のオオカミたちが実は人間の世界にまぎれて生き延びていて、彼らはオオカミだけがたどり着けるといわれる“楽園”をめざしひたすら荒野を走る。と、世界観からストーリーから何から何までオリジナルで、謎の花の少女だとか、オオカミに復讐を誓う男とか、貴族とか軍隊、オオカミたちをとりまく世界も丁寧に描写され、飽きさせない展開だったのだが、残念なことに終盤にさしかかろうというところで再編集の総集編ともいうべき回が4話も挿入されてしまい、残念ながらその物語は謎は謎のまま、すべての登場人物たちが、え、それでどうなるの??? というところで放送は終わってしまっていたのだった。

放送終了後に追加エピソードの制作が発表され、その追加エピソード4話のうちの2話が先ほどDVDとなったのだ。

で、ネタバレになるけども…

もう世界は崩壊への一途をたどるだけなのか、生き残った人間たちは自分の進むべき道もわからず、そしてオオカミたちは花の少女とともに朽ち果てていく大地をひたすらに楽園を目指す。すでにだれもが傷つきボロボロになりながら。でもそこでいきなりの彼女の死。あんまりショッキングで泣いてしまったではないの。彼女は絶対オオカミたちを最後まで見届けるものだと思っていたのに。
また、「もしも自分が死んだら後を頼む…」なんて思わせぶりなセリフがでたので、またも死んでしまうのかなぁ、と思ってみていたら、ラストで、頼まれた方が銃で撃たれてしまうなんて(生死はまだ不明)。と、なんかこれでもか、と前途には楽園などなく、絶望しかないんじゃないかって展開だ。

でも。第一話の冒頭、白いオオカミがモノローグとともに雪の降りしきる荒涼とした白い大地に力尽き朽ち果てて倒れてしまっていたのだ。はたして、あのシーンへと物語は向かってしまうのだろうか。来月ラスト2エピソードが発売になる。その本当のラストシーンはどうなるのだろうか、せつなくなってしまう。

ちなみに。天才、菅野よう子の音楽はこのアニメにも、なくてはならないステキなものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.16

エリア88

11040109.jpg

先週からテレビ朝日系ではじまったアニメ、エリア88の第2話が終わったところ。

この原作といえばもう20年以上も前に連載されていた新谷かおるの傑作だ(同時期に連載されていた同氏のファントム無頼も傑作。どちらも何度読み返してきたことか)。これまでにOAVとしてダイジェスト的にアニメ化されたことはあったけど、まさか21世紀になってからTVアニメ化されるなど思ってもみなかった。

原作は古いがストーリーはかなり複雑で舞台はほとんど地球規模、主要な登場人物も半端でなく多い。いったいどんな風に描かれるのか興味のあったところ。

それにしても原作では後半になってから登場するキムを第一話から登場させていたり、ミッキーの愛機がはじめからトムキャットというのも強引な気もするけど、まあどう考えても原作のボリュームまるごと描くなんて不可能だから、今後の展開に期待。もう一つの舞台である日本についてはまだ語られていない。社会情勢も世界情勢も大きく当時とは変わってきているので、どうなるのだろう。

なかなか臨場感のある飛行シーンや戦闘シーンなどはおそらくCGを多用しているものと思われるのだけれど、イニシャルDの車たちよりも大幅にアニメの絵とのマッチングが良いのに関心させられる。でも、キャラクターの顔が原作から微妙に変わっているのが少々残念でもあり。まあ、これは少しずつなじんでいくかな。

そういえば実写ドラマとして蘇ったエースをねらえ!も20年以上昔の物語だよなぁ。と思ったら、これも同じくテレビ朝日系だなぁ。もっともこちらは見るのを(というか録画しておくのを)すっかり忘れていた。まあ、いいか。

あ、写真は01年、ツインリンクもてぎで行われたアエロバティクスの時のもの。昨年も見に行きたかったのだけど直前の練習飛行で墜落事故があったために中止になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)