« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.27

マグロの解体ショー

050527145747.jpg

遅い昼休みに渋谷市場へ来てみるとマグロの買いたい解体ショーをやっていました。冊が赤身800円、中トロ千円、大トロ千五円と昼飯とはまったく無縁だなぁ。
結局ニュークイックのミニ丼280円と惣菜屋のポテトサラダ、それに三鷹駅までの出勤途中の豆腐屋さんで買ってきた汲み上げ豆腐がお昼ご飯。なんとなくヘルシーっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

久しぶりの茂木です

今日はトライアルの世界選手権。オフィシャル仲間のみかぴょんさんから譲っていただいたチケットで観戦にきました。
まだ茂木の道の駅についたところです。
ソフトクリーム売り場には乙女ミルクが!とってもウマー050522111549.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.05

雪の回廊

雪の回廊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.03

さようなら、アルちゃん

日曜日の夜はタオルにくるんだアルちゃんを枕元に寝ました。
昨日は普通に仕事だったので、アルちゃんには申し訳ないけど、タオルにくるんで箱にいれ、冷蔵庫において仕事にでました。
休憩などを利用してまずは地元の清掃局に電話をすると、小動物はゴミと一緒に出すしかないそうです。やっぱりそれはいくらなんでもあんまりなので、一瞬井の頭公園の隅の方にでも、という考えも浮かびましたが、とりあえずネットでいろいろ調べたりしました。

日本動物霊園というペット霊園がわりと近所の西荻窪駅近くに見つかったので、そこで合同火葬をお願いすることにしました。

今日、アルちゃんを連れて西荻窪まで行きました。徒歩5分くらいですぐに霊園の場所はわかりました。
受付で住職に簡単な説明をうけて用紙に記入しました。記入している間、箱をあけてアルちゃんの寝顔を見てました。受付が終わり精算をすませるともうアルちゃんとお別れです。
合同火葬でお願いしたので、後日ほかの方たちのペットとともに火葬された後、案内がくるそうで、それ以降はいつでもお参りにいけるんだそうです。

こういう施設のありがたみをつくづく感じました。アルちゃんとはまだ挿し餌が必要なヒナのときから飼い始めてもう12年が過ぎました。平均的なオカメの寿命からみるとちょっと早い一生でした。でも、これまでずーっと元気で、そういった健康面ではまったく面倒をかけたことのない子でした。死の間際までそうなんですからなんて飼い主思いの子だったんでしょう。
夜寝るとき灯りを消してから「アルちゃん」と呼びかけると小さく「ピ」と返事をしてくれ「おやすみ」「ピー」と返してくれたりとてもなついてくれてました。井の頭ではほとんど放し飼い状態だったのですが、ぼくが「アルちゃん」と呼ぶとたいていまっすぐ肩まで飛んできてくれたりしました。ぼくが食事をしているとなんでも欲しがりましたが、さすがに健康によくない人間の食べ物は我慢してもらって、そのぶんバナナとかミカン、イチゴなどのフルーツはよく一緒に食べました。まだアルちゃんに買ってきたバナナがたくさん残っています。

コメントを下さったみなさん、どうもありがとう。そしてアルちゃん、今日までありがとう。自由に大空を飛んでいってください。どこまでも、どこまでも、どこまでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.01

ゆっくりおやすみ

ゆっくりおやすみ

今朝方の事ですが、オカメインコのアルちゃんが☆になりました。
あまりにも突然でびっくりでした。

今朝起きるといつものように出してとせがむのでカゴから出してやり、肩に乗せてました。
友人から電話があって、その電話を受けている間、灯りの傘の上にいて、電話を切ると再び肩の上に飛んできました。ここまではなんら普段と違うようなことはありませんでした。でも、肩の上にいてほどなく、何の前ぶりもなく突然コロリと落っこちたのです。どうしたんだと思うまもなく、フーフーと大きく息をして、それからピー、ピーと2回小さく鳴いてそのままぐったりしてしまいました。手で抱きかかえてやって、ほどなく動かなくなりました。今日はどうしても出勤しなくてはならず、ぎりぎりまで1時間ほど手で抱えていましたが、その間、少しずつ冷たくなっていくのがわかって辛かった。時間になってタオルでくるんであげてカゴのうえに乗せました。
仕事が終わってもなんとなく帰りづらく、映画を一本見てから帰りました。
だいぶ落ち着いたつもりでいましたが、家に近づくにつれてだんだん悲しくなり、帰ってきて、すっかり冷たくなったアルちゃんに頬ずりしてやり、そのままおいおい声を上げて泣いてしまいました。なかなか泣きやむことができませんでした。でも、朝もそうでしたが、今もまるで眠っているようにしか見えない安らかな表情です。ほとんど苦しむことがなかったのが幸いというか、でも鳥は死ぬ直前までは元気に振る舞うというので(実際そうでしたし)ホントのところは神様だけが知っているのでしょうが。最後を看取ってあげられただけでもよかった。

いつも飼い主が夜更かしなので、なかなかゆっくり寝られなかったろうけど、今度はゆっくりと眠っておくれ。

いやー、今年は辛いことが続きます。まいりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »