« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.30

とても最高でとても残念だったmotoGP

01020014.jpg

19日の日本GPが終了してもう10日あまり。すでに次戦カタールGPの予選初日が終わろうとしている。

月が変わる前に日本GPのまとめを。
今回はS字コーナー出口の12番ポストでフラッグマーシャルということで、旗ふり専門。ここは初めて入ったポストで、130R立ち上がりからS字、そしてV字コーナーのクリッピングあたりまでが見渡せる。背後はV字からS字にかけての自由席が整備されていて、観客も多い。
見晴らしがよいといってもポストに2人いるフラッグマーシャルは前方監視と後方監視の分担わけがあって、前方はS字入り口(11番ポスト)から出口(12番正面)までの監視で主にグリーンフラッグとブルーフラッグ担当、後方はS字立ち上がりからV字入り口(13番ポスト)までで主にイエローフラッグ担当となる。当然担当外の範囲はあまり見ることはできない。そりゃちらちらとは見ますけど。

土曜日の予選終了後にF崎さんC葉さんとグランドスタンドわきのイベントブースやパドックを見て回りました。

01020021.jpg
ショウエイブースのノリックのサイン会です。

01020022.jpg
GPフル参戦、青山(兄)選手のサイン会。

01020025.jpg
大会冠スポンサーCAMELのブースでは昨年のもてぎで優勝したマックスのトークショー。司会はファンクラブ代表の原田ボス。

01030025.jpg
決勝日の大治郎シートのパフォーマンス。

01030030.jpg
同じくCAMEL応援席のパフォーマンス。なんとこのシートを降ろしたのがスタート直前で、肝心のスタートシーンが良く見えなかったそうです。S字からみててもスタートのレッドシグナルが点灯した時点でやっと降ろし始めたのが見えたのでまさかとは思いましたが。

01030034.jpg
S字スタンド席のロッシ応援団。決勝レースのときにはこの3倍くらいの人が黄色い旗を振っていました。朝のフリー走行の一周目や決勝前のサイティングラップなどではロッシも手を振り返してました。
どこもスタンドはかなり人が入っていて、途中カメラマンの方と話をしたら、駐車場がぱんぱんで、駐車券を1万円で売るダフ屋が出没するほど大入りになっていたそうです。なんか金曜日の時点で昨年の決勝日並みの入場者がいたとかいないとか。やはり鈴鹿がキャンセルされて今年唯一の日本で行われるmotoGPということで客席も凄いことになっているようです。

そして、motoGPの決勝レースはなんとスタート直後の1コーナーで6台の多重クラッシュが発生。我らがマックスもグラベルで後ろから飛んできたケニーの直撃を受けて転倒、そのままエンジンはかからずリタイアとなってしまいました。というわけで、S字にいたぼくは決勝ではマックスの走りをひと目も見ることはできませんでした。アウアウ

そして、レースの方はその1コーナーの混乱をうまく避けたロッシがトップ、そしてポールポジションからスタートした玉田が2番手。その2人から少し遅れた3位争いにはメランドリ、ノリック、中野と日本人が上位に3人もいるという日本GPにしては出来過ぎの展開。
そして6周目にはなんと玉田がロッシをパスしてトップに浮上。そのまま一度もトップを明け渡すことなく、最後には6秒もの大差をつけて玉田がポール・トゥ・ウィン!
3位争いで序盤から頑張っていたノリックは中盤V字コーナーでスローダウン、そのままマシントラブルでリタイア。その後は一時白煙を噴いて、マシンが心配された中野が終盤にメランドリを捕らえて3位に浮上、そのままKawasaki復活の狼煙となる3位表彰台をゲット!
表彰台に日本人2人が上る活躍で、観客席のボルテージもかなり上がっていて、チェッカー後のラップでの拍手や歓声は凄かった。コースサイドで旗を振っていて、顔をくしゃくしゃにして泣いている中野がとっても印象的だった。そして、急遽motoGP参戦が決まった宇井も周回遅れになりながらも15位で貴重な1ポイントゲット、彼にもひときわ大きな声援が飛んでいたのも感動的だった。また、全然走らないバイクをそれでも誰よりもワイドオープンでチェッカーまで走りきったノブアツ(14位)もよく最後まで走ったし。来年はKTMでもなんでもいいからもっと戦闘力のあるエンジンになると面白いんだけど。

決勝後はバイクで入場したお客さんがコースを一周するパレードがえんえんと続く。その中でぼくと同じX1の限定カーボンで来ていた人がいて、パレード後、ぼくのバイクを見つけて駐車場で横付けしていたので同じビューエル同士でしばらくバイク談義。ほどなく日も暮れて、そのまま彼と別れ、サーキットホテルへ移動。

01030041.jpg
1周も走ることなくレースを終えてしまったマックスを囲んでのアミーコ・マックスのパーティ。(クリックすると大きい画像が見られます)はじめは沈んだ表情だったマックスも徐々に笑顔が戻ってきた。シーズンも残り4レース。1勝でも多く勝ってもらいたいものだ。

01030058.jpg
パーティの後、なんと優勝した玉田選手発見!

01030065.jpg
そして3位に入った漢Kawasakiの中野王子とバロス(4位)のツーショット。
中野王子がやってくると、とたんに沢山のファンに囲まれたので、すみから控えめにデジカメを向けていたら横からバロスがやってきておもむろに中野の肩をたたいて(ポーズを決めろよ!)、撮れた奇跡の一枚です。うーん、バロス、あんたいいやつだぜ!

01030062.jpg
ビアッジファンのみなさんと談笑していると、ホテル脇に停めていたぼくのバイクにおもむろに近づいた外人さんたちがそのまま跨いだり揺すったりしているではあーりませんか! すわっ何事かとびっくりして表に出てみるとチームグレシーニのスタッフ達ではないですか!このパーツは何だ?とかいろいろ聞いてきます。みんな根っからバイク好きなんですねぇ。で、なんだかわけも言葉もわかりませんが、とにかく記念撮影をぱしゃりと。

09290004.jpg
ほかにも左腕を吊った(脱臼していたそうです)ケニーとか、そのままハリーポッターの主役ができそうな綺麗な顔のペドロサや、ウィーク通して元気のないジベルナウ(やっぱり元気なかったなぁ)とか、これまた悔しさ満面のノリックとか見かけましたが、場所が場所だけに遠くから見るだけでした。

で、パーティでマックスからはもらえましたが、まさか玉田からもサインがもらえるなどとは夢にも思っていなかったので、このプラマックポンスチームのジャケットに2人のサインが入って最高のおみやげになりました。

ということで、6台のクラッシュは残念でしたが、レースそのものは大いに盛り上がったもてぎの日本GPでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.28

20万円相当のワインテイスティング

09260001.jpg

この日曜日はワインショップエノテカ吉祥寺店でグラン・ヴァン・テイスティングがありました。参加費用がほぼ1万円。ワインたった3口の値段としてはかなりお高いのだけど、無理して参加してきました。

09260006.jpg

テイスティング・アイテム(左から、価格はエノテカ店頭)
○シャトー・ラトゥール 1964年 ¥120,000の品
○シャトー・ローザン・ガシー 1964年 ¥22,800の品
○シャトー・オー・ブリオン 1964年 ¥58,000の品

64年のシャトー・ラトゥールが口に出来るだけでありがたいというか。そんなの一生機会がないと思ってましたもん。しかし、あれですね。そんな飲み慣れていないものはやっぱりよくわかりませんな。奥の席で店員となにやら賑やかにしているカップルの女性がいうにはプラムにヴァニラの香りが、等々話しているのが聞こえてきましたが、ぼくにはさっぱりです。まあ、でもグラスが運ばれてきた時には何ともいい香りが広がったのに感動しましたよ。そして、ラトゥールとオー・ブリオンはまだ渋みがしっかりとあって、そういう意味ではたまに飲む千円前後の赤ワインなどと違いがわからない、というか、よくブラインドで安いテーブルワインと高価なワインの違いを当てられなかったりするのがテレビなどでありますが、当てられないのももっともかも、と思ったり。色も濃いルビー色でとても40年も熟成されたものとは思えない鮮やかさ。
あとで店員と話をしたときにはやはりこの2本は10年、15年先でもいけるんじゃないかということだ。うーん、そのピークに飲んでみたいものですが、いったいそのときは幾らになっていることやら。

ローザン・ガシーはすでにピークは過ぎつつあるようで、うっすらとしたレンガ色で、渋みも前の2本ほどの強さはありません。で、これは意外な発見でしたが、このグラスの内側のしずくがとてもジワーっと、ゆっくり時間をかけて落ちてゆく様がなんともいえず官能的でした。かといって蜂蜜のようにとろりとしているのかといえば飲んだ感じでは前の2本同様さらりとしたものです。あんまりそれが綺麗なので、飲み干すのが惜しくてしばらくグラスを回しては眺めるを繰り返してしまいましたよ。

なんだかんだで普段のぼくならホントに3口あるかないかのテイスティングですが、30分以上もかけて楽しませてもらいましたよ。もっとあの複雑な香りや味わいが微妙にわかれば一層素晴らしい体験だったのでしょうけど。

いやーそれにしても64年のワインが3つも飲めるなんて幸運でした。去年一度エノテカでレオヴィル・ラス・カーズの64年ものの在庫を訪ねたところすぐに手に入りそうだったのですが(値段も手頃で2万円ちょっと)、でも、一人で手に入れてもいざって時に開けられずにそのままダメにしてしまいそうでビビってキャンセルしたことあり(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.22

STAR WARS TRILOGY BOX

発売予定日は明日ですけど、今朝から何処でも普通に売ってますな。出勤途中で予約してた新宿さくらやで買って来ましたよ。
特典映像が4時間以上あるんだとか。
じっくり観る暇が無さそうなのがあれなんですが。040922184650.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRのゴミ箱

今日ふと見ると吉祥寺駅のゴミ箱が一部スケルトン化しています。これまで何かと撤去されることが多くて困ることがありましたが、これなら撤去されることは無さそうですね。
トイレットペーパーもリサイクルで完備してJRもサービスいいね040922022757.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.18

モトGP日本グランプリ開幕です

あっという間に予選一日目が終わりました。冠スポンサーのキャメルを初め、サーキット中が世界グランプリのカラーに変身しています。
125のシートを失っていた宇井選手がmotoGPクラスに出場。乗りコナシにてこずってました。
ガンバレ040918001613.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.16

今週はモトGP!!

やっと今年も日本にモトGPがやってきます。
明日から茂木入りなのですが、先週から徹夜の日々を重ねて来たにも関わらず今日の終電までに片付けられませんでした。
少ない仮眠時間を削ってもまだ211Vも未完成だし040916011843.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.14

全日本GT選手権 R5 MOTEGI GT CHAMPION RACE

DSC01449.jpg

ツインリンクもてぎで行われた全日本GT選手権第5戦の決勝レースの行われた5日はあいにくの空模様で始まりました。宿が隣町の益子だったために、朝サーキットに着いた時には靴の中浸水状態(^_^;
GTマシンは2つのクラスがあって、最高出力およそ500馬力のGT500クラスと300馬力のGT300クラスでこれら2つのクラスの混走のレースとなります。

DSC01426.jpg


DSC01427.jpg


DSC01448.jpg


DSC01450.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.12

残念、マックススクールはなし

先週水曜日から昨日まで毎日徹夜続き。昨日の土曜日も徹夜明けで昼過ぎまできたところでとりあえず目標クリア。と、そこへ赤坂の編集スタジオに缶詰の社長からヘルプの電話。
そのまま赤坂へ。しかし、市ヶ谷から赤坂ってそんなに遠くはないはずなのに、地下鉄の接続は最悪。どういう経路で乗ってもかなり遠回りして乗り換えないとたどり着けない。
そこで小一時間社長のヘルプをして、さあ解放されたぞという時刻は16時…。
いくつか用事があったのだけど、全部うっちゃって、赤坂から六本木までぶらぶらと歩く。六本木から日比谷線、東横線、みなとみらい線とで横浜まで。
アミーコマックスの事務局のあるバイクショップグリースモンキーまで。
ボスの原田氏は先週商談でずーっとイタリアにいっていたそうで、タイミングはよかったようだ。GP後のマックスを囲むパーティの代金を支払う。
最終的には予定していたマックスのライディングスクールは今年は中止となったということで、ちょっとがっかり。というか、かなーり残念。来年はできるといいのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.07

あ痛たたた

DSC01458.jpg

GTもてぎラウンドの帰り、渋滞の残る茂木町内のT字路の交差点で青信号とともに右折したらいきなり交差点の真ん中で転んでしまいました。???まったくわけがわからないまま慌てて倒れたマイビューエルを起こしてダメージがほとんど無いことを確認して、そそくさとその場を後にしました。
が、すぐ先で舗装工事中のところがあって、50mほど砂利道になっています。雨上がりだったので、そこを通ってきた車のタイヤ後で泥が交差点内まで運ばれていたようです。それが灰色だったのと夕方で薄暗かったのでまったくわけがわからないうちに転んでしまったようです。

とりあえず道の駅もてぎまでいって明るい駐車場で見てみるとタイヤの右側真っ白。
バイクのダメージは右のバックミラーが明後日の方向むいてたのと、右のステップが上に折りたたまれていたくらいで済みました。あとはタンクカバー脇に大きく張り出した右側のエアスクープが削れただけです。このエアスクープが真っ先に地面と擦れてくれるので、これまで数度の立ち転けもすべて軽傷で済んでいます。

しかし、これまで立ち転けはありましたが、走行中の転倒はなかったのに、今年になって2度目です。まったく今年はいったいどうしたというのでしょう。

1度目は6月に日光のいろは坂の登りで。その時も雨降りで、いろは坂の2つ目のコーナーから丸で苔の上でも走っているかのように路面がツルッツルになっていて、あまりにも怖いので(でも一方通行だから後戻りもできず)ほとんど歩くくらいのスピードでとろとろ登っていったのですが、4つ目のコーナーでいきなりすってーん。ほとんどスピードがでていないに転んでから外側へ5mくらい滑っていきました。滑りながらスケート場のように滑る路面に驚いてました。
そのときもスピードはまったく出ていなかったので、ほとんどダメージはなかったのですが、バイクを起こして道の隅っこでしばらく落ち着くまで座り込んでいたのですが、その後走ってきたバイクもまったく同じところでまったく同じように転んでしまったので、バイクを起こすのを手伝ったりしました。

雨降りは何があるかわかりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

フラフラです(^_^;)

2日の夜、90分の素材をMacに取り込みつつ終電で一旦帰宅、シャワー浴びて泊まりがけの荷物を背負って再びバイクで職場へ。そのまま徹夜でお仕事。レンダリングの合間にネット見てたらアングラ動画のサイトで人が殺されたり串刺しにされるビデオとかばかりで気分落ち込みつつ、朝に。そのまま仕事はまたもや遅くまで。なんとか23時前に切り上げて、そのままバイクで茂木まで。この土日で四輪の全日本GT選手権です。
ちょっと天気が気になります。
なんか頭痛がするのですが、これは気のせいでしょうか。っていうかとっとと寝ます(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.01

もて耐以降

DSC01388.jpg

8月22日にもて耐があってから早いもので、もう日付変わって9月になってしまいました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

DSC01384.jpg

休憩中に11番ポストからみたS字コーナー入り口。7時間耐久の予選を通らなかった車両による前日行われた3時間耐久レースより明らかにみんな早いです。
なんといっても当日は曇り空の下、20日までの猛暑が嘘のような過ごしやすい気温で、ライダーにとってもずいぶんと走りやすかった一日ではなかったでしょうか。コースサイドで監視しているこちらも体が楽でした。結局S字コーナーでは3台が転倒しまして、ちょうどその3台ともぼくが飛び出し要員の時だったので、そのたびひーこらバイクをグラベルから引きずり出しました。うち2台はほぼ連続して飛び込んできたので休む暇もなく、かなりきつかったですよ。
でも耐久レースとしては、セーフティカーの介入が一度あったり、終盤トップチームのハードクラッシュなどありましたが、全体的にはライダーのマナーもよく、いい感じのレースだったのではないでしょうか。
詳しくはこちらに。

↓モト・ギャルソン三鷹店のお客さんの参加したチームのマシンたち。2台とも7耐を完走しました。おめでとう。
DSC01402.jpg
DSC01403.jpg

↓トップの表彰式での一コマ。ナイスなお尻(パンツ)です!
DSC01387.jpg

で、いよいよもてぎの次の2輪のレースはこれですよ、これ↓
DSC01416.jpg
くぅぅぅぅー、楽しみです。

そんでもって平日は終電だったり徹夜だったり、10月公開のあの映画のマスコミ向け試写会へ鑑賞しにいったり、なにかと忙しかったなぁ。土曜日は久しぶりにフリーな一日だったのだけど、ついに一日ゴロゴロ寝て過ごしましたよ。

日曜日はぐずついた空の下、市ヶ谷の季節料理根本の根本さんご夫婦と3人で青梅市の病院に入院中のK見さんのお見舞いに行ってきました。K見さんもビューエル乗りで、奥多摩で転倒して足を骨折しました。すでに入院して半月以上たっていたので、足が不自由なほかは元気そうでほっとしました。
それにしても7月の不幸な事故をはじめ、キャンディ氏とK見さんの入院といい、お見舞いに行った根本さんの奥さんもつい最近愛車のドゥカティを盗難されたりと、ほんとに不幸な出来事が続きます。うーむ。
ところで、盗難のショックから立ち直るためにも近いうちにバイクを購入予定の根本夫人ですが、あっというような車両になるかもしれません!?ま、実際になにを購入するかは決まったわけではないのであれですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »