« カワセミ復活 | トップページ | ampm半額セール »

2004.07.29

NHK教育テレビ らくらくツーリング入門

DSC01266.jpg

今日は台風の影響で不安定な天気でした。通勤時、たまたま降っていない時間だったので、傘をさすことはありませんでした。水生物館前の池にはカルガモの親子がいつものように佇んでいました。

7月からNHK教育テレビで毎週木曜日に放送している「中高年のためのらくらくツーリング入門」も今日で4回目。おそよ2時間となったのでDVDに保存。
布施博と国井律子が進行役で講師にはあの平忠彦さん。全8回のシリーズ。ここまでは教習所での教習内容にあるような基本的な事項が中心。最後の2回で実際にツーリングに出かけるみたい。

で、このシリーズの見所のひとつが、走行中に出会うさまざまな危険なシーンを実演してくれるコーナー。
第1回目は右直事故。まあ、しかし、なんと交差点には危険がいっぱいなのだろう。右直事故なんて、なんで起きるんだいったい。そんなに先に進みたいのか?人を殺してまで。人を殺してまでいったいどこへ行くのだろう。
以前、ぼくは第2回の左折巻き込み事故というのにあったことがある。といっても交差点ではなくて、ガソリンスタンド前でいきなり並走していた乗用車がスタンドに入ろうとウィンカーも出さずにハンドルをきってきたのだ。そのときは急ブレーキをかけつつとっさにぼくもガソリンスタンド前の歩道に乗り上げたので巻き込まれるぎりぎりでブレーキをかげていた右手の指を車のサイドミラーにぶつけるだけで済んだ。後の事情聴取でなんでいきなりスタンドへ入ろうとしたのかわかったのだけど、そのドライバーはずっとトイレを我慢していて、急にガソリンスタンドを見て、トイレだ!とばかりに左にハンドルをきったのだとか。アホか、人殺してでもトイレに駆け込みたいものなのか。

右直事故だって、そんなくっだらないことで先を急いだりするから起きてしまうんじゃないか。あるいははじめから何の理由もなく、ただなんとなくいけそうだ、くらいの気持ちで右折しちゃってる、っつー方が多いんだろうな、実際は。ハンドルを握る人は2輪、4輪隔てなくさぁ、自分はいつでも見知らぬ他人を殺すことが出来る状態である、ってーことをもういちどようく肝に命じようじゃないの。

合掌

|

« カワセミ復活 | トップページ | ampm半額セール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5576/1083493

この記事へのトラックバック一覧です: NHK教育テレビ らくらくツーリング入門:

« カワセミ復活 | トップページ | ampm半額セール »